あれもこれも気になる人

以前当ルームにご相談にいらした30代の独身女性Fさん。
あれもこれも気になって仕方がないのです。

・送ったメールの内容が失礼でなかったかどうか。
・友だちの持ち物やお化粧の仕方。
・自分が発した言葉が相手の気に障ったのではないか。
・人から言われた言葉の裏には何か別の真意があるのでは?

あれもこれも気になってしまい、気持ちが休まらないと言います。
それはそうでしょうね。
朝から晩まで、あれもこれも気にしていたら、心が落ち着くわけがありません。

気にしないようにしようとか、考えないようにしようとか思うのですが、やはり気になって仕方がないそうです。
気にしないようにしよう 考えないようにしよう
ところが、問題は、そこにあります。

私たち人間は「考えないようにしよう。」と思えば思うほど、そのことで頭がいっぱいになってしまう、厄介な動物なんです。

たとえば、女性なら多くの人が経験しているダイエット。

  •  糖質は食べない。
  •  主食や甘いものはダメ。
  •  一口でも食べちゃダメ。
  •  食べたら太る。

そう考えれば考えるほど、頭の中は大好きなスィーツやパスタのことばかり。
経験はありませんか?

また、他人の事が気になる時は、自分とその人を比べていることが多いですね。
そして、自分が人からどう見られているのかも気になります。
人から良い人と思われたい、嫌われたくない、とか。
そのために言いたいことも言わず、たとえ言ったとしても後でくよくよします。
これでは疲れるのは当たり前です。

ところが、こういう人は繊細な人が多いのです。
それは長所にもなります。

言いたいことを言いたいだけ誰彼構わず言う人は、裏表がなくて良いという反面、人に不快感を与えることも多いかもしれません。

繊細な人は自分の中で自分自身をあれこれ気にするのではなく、客観的に、外から自分を見るようにしてみましょう。
自分は今こういうことを気にしてたんだな、とか、あの人と自分を比べていたんだな、とか。

さて、人間の基本感情は、6感情、8感情など色々な説がありますが、8感情の場合は
喜び 信頼 恐れ 驚き 悲しみ 嫌悪 怒り 期待
を指すようです。
さらにここから様々な感情が派生していきます。

人間誰でも抱く感情に、良い・悪いはありません。
ところがそういう感情を抱いている自分を見てみないふりをしたり、卑下したりすると、自分はダメな人間だと思い込み、ますます人と自分とを比較することになってしまいます。

「羨望」という言葉は、あまり良い意味で使われない言葉かもしれませんが、「羨望」という感情が自分の中にあるのだと、自身で認めると楽になると思います。

Fさんも色々とお話をするうちに、人に負けたくないとか、羨ましいとか、自分を認めてほしいとか、そういう気持ちが心の奥底にあることに気づいたようです。

今自分は何をどう感じているのかを客観的に見ることができれば、自分を卑下する必要もなり、もう少し楽に過ごせるのではないかと思います。

カウンセリングルーム ローズマリーは、
東京の府中と東神田にある、女性のためのこころの相談室です。

ホームページはこちらから